TOP

性病検査キットの通信販売

性病とは正式には性感染症と言い細菌やウィルス、寄生虫などの病原体が性行為や類似行為により感染し発症する病気です。

性病はパートナーと感染させ合うピンポン感染がある為、疑わしい症状がある時は一緒に検査をすることが大切です。

性病検査は、梅毒やエイズは男女ともに血液検査をします。

女性は、膣分泌液を採取することで、淋病、クラミジア、トリコモナス、カンジダを検査することができます。

男性は、尿検査で淋菌、トリコモナス、クラミジアを検査し、性器の付着物を採取してカンジダを検査します。

これら性感染症の原因は、細菌やウィルスで抗生物質で対処するアンチバイオティクスが治療法です。

免疫力が高ければこれらの感染性に対する抵抗力が上がり、ある程度防げる可能性があります。

細菌にも人間と共存している細菌があり、腸内細菌では善玉菌と言い人体に有益な細菌もあります。

この善玉菌の産生する物質は免疫力の向上や、腸を活性化させ便通異常などに役立ちます。

免疫力の向上にも有効ですが、便秘を解消する方にも健康の為に善玉菌の摂取が推奨されています。

参照:便秘解消サプリメント・・・便秘の総合サイトで、原因から読み解く解消法を紹介しています。

女性の性病の症状

・黄色っぽい「おりもの」の増加
・軽い排尿痛(膀胱炎に似た症状)
・下腹部の鈍痛
・性交痛
・おりもの増加
・下腹部の鈍痛
・ほとんど症状は無い
・膣や外陰部の腫れ
・ドロドロ、ボロボロしたおりもの
・性交痛や排尿痛
・悪臭のする泡状のおりもの
・局部の激しい痛み・痒み・灼熱感
・膀胱炎に似た症状
・夏に感染しやすい
・赤い湿疹や斑点など
・感染から経過日数によって症状が変わる

男性の性病の症状

・尿道からの膿が出る(白・透明等)
・軽い排尿痛や痒み
・軽い発熱
・尿道からのドロっとした膿が出る
・激しい排尿痛や疼き
・発熱、局部の腫れ
・軽い痛み、違和感
・赤くただれる
・軽い排尿痛
・ほとんど症状は無い
・赤い湿疹や斑点など
・感染から経過日数によって症状が変わる

参考文献:性病検査キット・・・カラダの教科書